仕事

採用で重視される書類

履歴書を書く人

印象の良い書き方

就職活動や転職活動を行う場合、まず作成する資料として履歴書がある。履歴書は、その人の属性を記載するものであり、氏名や生年月日、所在地や電話番号など個人情報を記載する資料となっている。履歴書では、一般的にフォーマットが決まっており、そのフォーマットに従って必要事項を記載、応募先の会社に提出するということが通常である。初めて履歴書を記載する場合には、どのような点に気を付けて記載すれば良いか分からないことも多い。これらの記載方法については書籍やネットなどでも情報が多くなっているため、記載ポイントなどが記された資料を参考にしながら記載すると良い。フォーマットに従い、記入例などがあるとより参考にしやすくなる。

フォーマットの種類

履歴書を作成する場合、採用担当者のイメージを下げないためのポイントとなることがある。まずは、所定のフォーマットに従い手書きで記載するということがある。最近では文書を作成する場合、パソコンなどで作成しプリントアウトするということが多くなっている。しかし、手書きで書くことでその人の人間性を出すことができるなど好印象を与えることに繋がるケースもある。その為、履歴書では必ず本人が手書きで記載するということが重要になる。また、誤字や脱字が無いようにすることも必要である。誤字や脱字があることで、その人の印象を大きく下げてしまう可能性が有る。その為、記載したら何度も読み直しを行うことで、誤字脱字が無いようにすることがポイントである。